2019年11月15日

「ブログの歩み」#1:SNSとは

 

 

LINEにTwitter、FacebookにInstagram。私たちの生活に欠かせないものとなったSNS。

 

今や日本国内において実に7000万人を超える人々がこれらのSNSと呼ばれるサービスを利用しています。

 

これを読んでる皆さんも上記にあげたSNSのどれか1つくらいは使っているんじゃないでしょうか?

 

当サイトで扱っている「ブログ」というコンテンツもSNSと深い関係があります。

 

このコラムでは『ブログの歩み』と題し、SNSの過去から現在、そして未来の話をブログを軸として全10 回の連載形式によって解説していきたいと思います。

 

 

 

そもそもSNSとは、一体なんなのか

 

 

 

私たちが当たり前のように使っているSNS。けど「SNSってなに?」と聞かれても答えられる人の方が少ないと思います。

 

SNSは正式名称を「ソーシャルネットワーキングサービス」と言い、登録した人たち同士で交流できる仕組みを持った会員制のサービス、WEBサイトのことを言います。

 

冒頭で紹介したモノの他にTikTokやYouTubeなどが有名ですね。そんなSNSは時代と共に形を変えて進化してきました。

 

 

 

私たちはSNSの進化と共に歩んできた

 

 

 

インターネット黎明期の2000年前後から今日まで、SNSは様々な進化を遂げそれに伴い私たちの生活や人間関係の構築の仕方に大きく影響を与えてきました。

 

世界中にいる自分と同じ趣味や嗜好を持った人々と手軽に繋がれるようになったのもSNSのおかげ

 

とはいえあくまでもコミュニケーションツールの1つだったものが今や主な情報収集の手段になり、私たちはあらゆる情報を簡単に受け取ることができるようになりました。

 

SNSの投稿などを見て行くお店や購入する商品を決めるなどSNSの進化と共に私たちの生活も変わりつつあります。

 

 

 

SNSが私たちにもたらしてくれたメリット・デメリット

 

SNSの進化は私たちに様々なメリットをもたらしてくれました。

 

災害時には現地の詳しい様子をニュースより早く知ることができますし、しばらく連絡を取っていなかった古い友人の近況を知ることができたりと例をあげたらキリがありません。

 

メリットに関して総じて言えるのは自分の知りたい・気になる情報を簡単に収集・発信できるようになったこと。

 

今を生きる私たちの情報伝達のハードルはSNSによってだいぶ引き下げられました。

 

しかしデメリットも多く、SNSを使った犯罪、視力の低下、近年ではSNS疲れなんて言葉もよく耳にします。

 

さらに簡単に情報収集できるようになった分、信頼性に欠ける情報も多く正しい情報を見極めなければならない、などSNSと上手に付き合っていく必要があります。

 

 

 


 

第1回ではSNSがどういうモノなのか、SNSの進化によって私たちの生活はどう変わり、どんなメリット・デメリットがあるのかを解説しました。

 

SNSが会員制のサービスで、ただのコミュニケーションツールだったモノが主な情報収集の手段になったこと、簡単に情報が手に入る分、情報を見極める必要があることがわかったと思います。

 

SNSに対する理解が深まったところで次回は「日本におけるSNS、ブログの始まり」について解説します。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

文:ジョースケ(Webライター)